絶妙なバランスで惹き合い惹かれ合うキャラクターたち。
誰一人欠けても、あの月刊少女野崎くんという笑いの絶えない物語は成立しないと思います。 それぞれのキャラクターに隠れた、それぞれの相手への「君じゃなきゃダメみたい」という想い。

そんな想いが幾重にも交錯して織りなすドタバタ劇は、楽曲を制作するにあたってとんでもない原動力になりました。 僕自身もすっかり原作にハマってしまい、何度も何度も全巻読み直し、リビングで笑い、トイレで笑い、電車の中で笑い、スタジオで笑い……そうこうしているうちに、メロディも歌詞も気がつけば出来上がっていたのがこの楽曲、「君じゃなきゃダメみたい」。

自然と湧き上がったような楽曲に、歌もコミカルで楽しげな野崎くんの世界観に合わせて、よりファンクに、よりリズミカルに歌い上げました。

今回、OPテーマを歌わさせていただき、大変光栄に思っております。
みなさんと一緒にアニメ「月刊少女野崎くん」を歌で盛り上げていく所存です! どうぞよろしくお願いします!  

©椿いづみ/スクウェアエニックス・「月刊少女野崎くん」製作委員会